一年目では何が重要になってくるのか

フリーランスエンジニアに向いている人は、オールマイティに仕事をこなすスキルを持っているものです。
通常エンジニアと言えば、自身の技術を高めることには執着しますが、それ以外にはあまり関心を持たないものです。
この業界では、マネジメントができない人が多いと言われるのは、ビジネススキルには興味を持たない人が多いからです。けれどもフリーランスとなると、あらゆるビジネススキルが必要です。

まず仕事を獲得するためには営業力が必要です。
そこには交渉力が求められます。そこからさらに人脈を広げることも大切です。獲得した仕事を進めるためのスケジュール管理も行います。
そして生活費を確保するためには、単価設定や仕事内容の調整なども大切になります。
これらを全て自分で滞りなく行う能力を持つことが必要です。

逆に、そのような知識も無く独立した場合には、最初の一年目はその習得に時間を割くことになります。
仕事を得るためには信用を得ることが大事です。そのためには実績を作る必要があります。実績を作るために、単価を下げることも考えるでしょう。
けれど、あまりにも低い単価では売り上げには繋がらず、生活費を稼ぐまでには至らないものです。

このような厳しい状況を乗り越えることができれば、後は軌道に乗せるだけです。
それだけのバイタリティーがあることも、適性のひとつと言えるかもしれません。
いずれにしても、全てを自己責任で考え行動できる人が、フリーランスエンジニアに向いていると言えるでしょう。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.